日々神社ホームページ

 

 

トップ > 祖霊舎とは

祖霊舎

祖霊舎

 御 由 緒

 当神社氏子の者維新の際より皇国の神教を奉戴し当国幣中社寒川神社倭教会に入講し 明治6年より仏葬者届け済の上神葬に転し祖霊舎を仮に設立し各々祖先及親族の霊を遷祭し 期日祝日等の祭事怠なく祖先の恩頼を報ゆ方今百有余名の氏子予め神葬祭を執行す、 或は氏子外の者も依神葬に転し各々此社に祖先の霊を移し祭なり

 社 記 に み る 歴 史

年 号内 容
明治6年
(1873)
寒川神社倭教会に入講(百有余名)
明治6年
(1873)
祖霊社を仮に設立
昭和24年
(1949)
祖霊社を改修
昭和37年
(1962)
祖霊社を改修
昭和37年11月18日
(1962)
神葬八十八年大祭斎行
昭和49年11月4日
(1869)
神葬百年大祭斎行
昭和37年
(1962)
祖霊社を改修
平成29年9月23日
(2017)
祖霊簿奉安祭斎行
平成36年
(2024)
神葬百五十年大祭斎行(予定)

祖霊舎とは

ページのトップへ戻る